私どもは「ふくしま陸上スポーツ少年団」と申します。拠点は福島県郡山市です。教室としましては、「郡山教室」「いわき教室」の2教室において毎週練習を行っております。(団員数40名)現在、東北関東大震災及び福島原発の問題に見舞われまして、団員は(小学校も終業式もすることなく)春休みとなっております。屋内退避までの指示は出ておりませんが、屋外へは極力出ないようにとの指示があり、子供達は各家庭(屋内)にて生活をしており、家庭によってはいまだに水道は回復していないところもあり、フラストレーションもかなりのものとなっております。今は、生活するのがやっとで、練習なんてとても考えられない状況なのですが、なんとか子供達を勇気付けてあげられないものかと思い、今回の連絡に至りました。原発の状況が予断を許さないものであるため、福島県に対しての風評被害が多くあり、県内に入るのを拒む方々も多いようです。我々もこの状況を黙っていては改善されないことは理解しております。そのため、何か行動をもって改善したいと思っており、そこで高橋尚子さんのスマイルと子供達の輝く目が接することで、何かしらの光が見えるのではないかと考え、お力添えをお願いしたく御連絡いたしました。原発問題が予断を許さない状態ではありますので、直ぐにというのは難しいでしょうが、何卒、お力添え宜しくお願いいたします。