TEAM NIPPON - アスリートの力で、日本はいまひとつのチームになる。(希望の輪をひろげよう。ひとりひとりが手をつなげば、必ず被災地にも手が届く。わたしたちは、ひとつのチームだから。)

  • TEAM NIPPONとは?
  • アスリートメッセージ

きっかけは高橋尚子さんに届いた一通のメールでした。

 「私たちアスリートにも、できることがある」その気持ちが、アスリート仲間にひろがって、ひとりまたひとりと集まりはじめました。日本はいま、ひとつのチームになる TEAM NIPPON アスリートがよびかけ、賛同する人たちが一丸となって日本の内外から被災地を応援するプロジェクト。

【TEAM NIPPON の活動】

  • 世界中のアスリートの応援メッセージを公開します
  • 被災地からの要請に基づき、アスリートが被災地を訪問します
  • 日本全体が元気になるイベント開催を目指します

アスリートのみなさまへ これは有志のプロジェクトです。あなたの力も合わせれば、さらに大きな支援となります。是非一緒に活動しませんか。ご連絡お待ちしております。

賛同メンバー

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

日本はいま、ひとつのチームになる。 TEAM NIPPON

お問い合わせ先

チームニッポンは、アスリートとサポートしている仲間が有志で対応している為
メールには目を通しておりますが、全てにご回答できない場合がありますことをご了承ください

>お問い合わせはこちら<

新着情報

  • Mar

    27

    東日本大震災復興支援活動「ReMind-1」無事終了しました

    「TEAM NIPPON」と「Mind-1ニッポンプロジェクト」合同の東日本大震災復興支援活動「ReMind-1」と銘打ち、復興支援を目的としたイベントを行いました。

  • Dec

    28

    チャリティースポーツフェスティバル・チャリティーオークション無事終了しました


    チャリティーオークションの総額は208,000円になりました!

  • Dec

    26

    TEAM NIPPON 名古屋でチャリティーイベントを開催します

    12/28(水)13:30から、熱田神宮公園にて高橋尚子、木田優夫、山崎武司、福留孝介、山口素弘、本田泰人らアスリートによるチャリティーイベントを行います。

アスリートの活動

  • Jul

    28

    村主、ニューヨークでチャリティー公演

    3月26日、村主章枝さん@fumiesuguriが、アメリカ・ニューヨークのマンハッタン区日本クラブで、チャリティー講演を開催した。同講演は現在カナダ・トロントで練習を行っている村主さんが、自ら何かできないかと志願したことで実現し、会にはニューヨーク在住の日本人およそ100人が詰めかけた。村主さんは「少しでもわたしができることというのを毎日続けていきたいと思いますので、どうぞ本当に大変だと思いますけれども、一緒に頑張っていきたいなと思います」と話した。収益金はすべてJ.C.C Fundを通じて被災地に寄付される。
    村主章枝オフィシャルサイト http://sugurifumie.jp/

  • Jul

    25

    ダルビッシュ、被災地へ5000万円寄付

    3月17日、日本ハムのダルビッシュ有さんが東日本大震災被災地への義援金として日本赤十字社を通じて5000万円を寄付すると発表した。ダルビッシュさんは球団を通じて「被害を受けた方々に何ができるかを考えた結果、まず義援金を寄付させていただくことを決めました。お一人でも多くの方が助かり、少しでも早く復興することを願っています。被災された方々、非常に辛い状況だと思いますが、頑張ってください」とコメントしている。
    ダルビッシュ有オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/darvish-yu-blog/

  • Jul

    22

    フィギュア小塚ら、仙台訪問

    6月2日、フィギュアスケートの小塚崇彦さん@TakaKozuka_botが、バンクーバー五輪スピードスケート代表の及川佑さん、ショートトラックの桜井美馬さんと共に、仙台市宮代野区の高砂中学校を訪問し、写真撮影やサインに応じるなどして被災者と交流した。7時間で避難所や学校など計5カ所を訪問した小塚さんは、「元気を分けるつもりが逆にもらった。復興に10年、20年とかかると思うので(支援の動きを)風化させないようにしたい」と語った。
    小塚崇彦フィシャルウェブサイト http://www.t-kozuka.com/